石神井公園・下石神井・ピアノと声楽のくるみ音楽教室です。ピアノのテクニックはもちろん、音楽の基礎能力を身につけるソルフェージュを含めたレッスンを行っております。導入期には生徒さんの年齢に応じて最も伸びやすいとされるリズム感、音感、読譜力を育成するカリキュラムを組んでいます。ソルフェージュ力をつける事で自分で楽譜を理解し譜読みができてやがて一人でピアノが弾けるようになる事を目指しています。下石神井第三保育園より徒歩1分。バス停下石神井坂下より4分。下石神井小学校から5分、ベネッセ保育園から10分以内です。

くるみ音楽教室

オンラインレッスン

電子ピアノの音が半音低かった理由

投稿日:

こんにちは(^-^)

 

生徒さんが家で弾く電子ピアノの音が教室のピアノと半音ズレていました。

 

シの音が鳴っていてドと歌う違和感は、オンラインレッスンで電話や機械を通した音のせいなのか、他にあり得る理由を探しながらレッスンをしていました。

 

他の生徒さんのレッスンではこのような音のズレはなく、いったん電子ピアノから離れてドレミ模唱をすると、正しいピッチで声が返ってきたこと。

 

そうすると、電子ピアノの音がズレているのかもしれません。

 

電子ピアノには、トランスポーズという機能があります。

 

この機能は、例えばメリーさんのひつじをニ長調で弾くときに実音では♯ファ→ミ→レ→ミ┃♯ファ、♯ファ、♯ファー┃~と弾くのを、トランスポーザーを使って半音を二回分上げることで、鍵盤上ではハ長調と同様にミ→レ→ド→レ┃ミ、ミ、ミー┃~と弾いて、♯ファ→ミ→レ→ミ┃~の音が鳴る、移調するときに役立つものです。

 

このトランスポーザーが、♭(フラット)になっているのではないかと思いました。

 

その後、お母様がよく調べてくださり、翌日には正しいピッチに戻すことができました。

 

原因は、ピアノが家に来た時にファンクションを色々といじってしまったのだそうです。

 

子どもですから、機械を触りたくなりますよね。

 

オンラインレッスンで気づくことができて良かったですニコニコ

-オンラインレッスン
-

Copyright© くるみ音楽教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.