石神井公園・下石神井・ピアノと声楽のくるみ音楽教室です。ピアノのテクニックはもちろん、音楽の基礎能力を身につけるソルフェージュを含めたレッスンを行っております。導入期には生徒さんの年齢に応じて最も伸びやすいとされるリズム感、音感、読譜力を育成するカリキュラムを組んでいます。ソルフェージュ力をつける事で自分で楽譜を理解し譜読みができてやがて一人でピアノが弾けるようになる事を目指しています。下石神井第三保育園より徒歩1分。バス停下石神井坂下より4分。下石神井小学校から5分、ベネッセ保育園から10分以内です。

くるみ音楽教室

ピアノレッスン フォーム プレピアノ 生徒さんへ

指の強化と指先がつぶれないための予備練習

更新日:

生徒さんへ

 

手のフォームは良くなったけれど、指先がつぶれてしまう生徒さんがいます。意識次第というところも大きいのですが、意識するために役立つ予備練習があります。

 

鍵盤は押すというよりはつかむイメージで弾きます。つかむ感覚をイメージするために、また指先がつぶれないための予備練習としてバスティンのメソッドから【玉ひもをつかった予備練習】を紹介します。

 

用意するもの

玉ひも

 

※手作りする場合

 

目安として太さ7ミリ前後のひも30~35センチくらい(お子さまが持ちやすい長さで構いません。)

 

ひもを二重にして通るくらいの穴あきの玉(直径18ミリ前後)

 

※作り方

ひもを半分に折る。

折ったところに玉の穴を通して端っこを結ぶ。

反対側にも玉を通して端を結ぶ。

 

※バスティンのホームページのオンラインショップで購入することもできます。

 

玉ひもを用意できたらトレーニングを始めます。

 

【練習方法】

🔵指先がつぶれないようにして玉ひもを親指と人差し指の指先でつかむ。10秒かるく引っ張る。

🔵親指と中指での指先でつかむ。10秒引っ張る。

🔵同様に親指と薬指で。

🔵同様に親指と小指で。

 

たった10秒ずつなのに、この予備練習を行ってから鍵盤を弾くと小さい子も指先に意識が向きます。

 

先に紹介したお手玉を使った『手のフォームのための予備練習』と併せて、鍵盤奏の前にするのがオススメです。休講中に玉ひものトレーニングを始められた方は、レッスンが再開したらマイ玉ひもを持ってきてくださいねニコニコ

-ピアノレッスン, フォーム, プレピアノ, 生徒さんへ
-

Copyright© くるみ音楽教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.