石神井公園・下石神井・ピアノと声楽のくるみ音楽教室です。ピアノのテクニックはもちろん、音楽の基礎能力を身につけるソルフェージュを含めたレッスンを行っております。導入期には生徒さんの年齢に応じて最も伸びやすいとされるリズム感、音感、読譜力を育成するカリキュラムを組んでいます。ソルフェージュ力をつける事で自分で楽譜を理解し譜読みができてやがて一人でピアノが弾けるようになる事を目指しています。下石神井第三保育園より徒歩1分。バス停下石神井坂下より4分。下石神井小学校から5分、ベネッセ保育園から10分以内です。

くるみ音楽教室

ピアノレッスン フォーム プレピアノ 生徒さんへ

手のフォームのための予備練習

更新日:

生徒さんへ

 

日ごろの練習の様子について、手の形がなかなか難しいというお話を伺いました。生徒さん全体で共有していただければと、バスティンのメソッドから【手のフォームのための予備練習】を紹介します。

 

用意するもの

大きめのお手玉一つ

 

※手作りする場合

ポップコーン豆250g(乾燥あずき、大豆も可)

布17×8,5cm 4枚(縫い代5㎜を含む)

 

※作り方

※バスティンのホームページのオンラインショップで購入することもできます。

 

大きめのお手玉が用意できたら、トレーニングを始めましょう。

 

まず、お手玉を机の上に置いて、背筋を伸ばして座ります。肘は上げず、胴との間は拳一個分程度間隔を空けて少し曲げておきます。脇も少し隙間を空けます。

 

この姿勢が出来たら、お手玉を上から片手ずつ強い力で握る練習をします。一番強い力で握ったとき肩が上がらないように気をつけます。

 

握ったときにMP関節(指の付け根のゴリゴリ)は出ていますか?親指のMP関節もゴリゴリが出ているか見てくださいね。

 

ゆっくり握って開く繰り返し練習をします。テンポはグーで3拍伸ばし、パーは1拍くらいが目安です。握って1,2,3、パーという感じでやってみましょう。

(✊ーー✋)

 

次に、これも片手ずつグー、パーと握って開くのを1セットとして片手ずつ10回続けます。テンポは、教室の3歳さんが1秒で握り、1秒で開けるようになっています。グーのときに1,2,3,4…と10まで数えてください。

(♩=60 ✊✋✊✋✊✋✊✋✊✋✊✋✊✋✊✋✊✋✊✋)

 

上手に出来るようになったら、音楽に合わせてやってみるのもおススメです。お子様が好きな歌であまり速くない曲をYouTubeなどで流していただけると、拍子打ちの練習も兼ねられますし、飽きずにトレーニングが続けられると思います。

 

小学校も幼稚園もお休みになってしまって、時間がたっぷりあるときだから、改めて手のフォームを見直す時間をとってみましょう⌚

 

このトレーニング、3歳のプレピアノさんもやっています。これからピアノを始める予定の弟くん、妹ちゃんも一緒にやってみてくださいね。練習した生徒さんはレッスンが再開したら、マイお手玉を持ってきてください。早くみんなに会いたいですニコニコ

-ピアノレッスン, フォーム, プレピアノ, 生徒さんへ
-

Copyright© くるみ音楽教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.