石神井公園・下石神井・ピアノと声楽のくるみ音楽教室です。ピアノのテクニックはもちろん、音楽の基礎能力を身につけるソルフェージュを含めたレッスンを行っております。導入期には生徒さんの年齢に応じて最も伸びやすいとされるリズム感、音感、読譜力を育成するカリキュラムを組んでいます。ソルフェージュ力をつける事で自分で楽譜を理解し譜読みができてやがて一人でピアノが弾けるようになる事を目指しています。下石神井第三保育園より徒歩1分。バス停下石神井坂下より4分。下石神井小学校から5分、ベネッセ保育園から10分以内です。

くるみ音楽教室

楽典 譜読みのポイント

大譜表と鍵盤の関係🎼🎹

投稿日:

石神井公園・下石神井

ピアノと声楽、ソルフェージュの教室

くるみ音楽教室です。

 

大譜表の真ん中にあるドの音は高音部譜表(ト音記号の楽譜)では下第一線、低音部譜表(ヘ音記号の楽譜)では上第一線にありますね。このドの音は同じ鍵盤を弾きます。ピアノの真ん中のドです。

 

大譜表の真ん中のドを中心に音符と鍵盤の関係を見てみましょう。ドレミファ…と音符が高音部譜表を上に上がっていくと鍵盤は右に進んで行きます。鍵盤の右に行くほど高い音になります。

 

逆にドシラソ…と低音部譜表を下に下がっていくと鍵盤は左に進んで行きます。鍵盤の左に行くほど低い音になります。

 

大譜表の真ん中のド近辺で、̠加線を用いて2通りの書き方ができる音は線の音符はあくまでも線に、間の音符はあくまでも間に位置していますね👀

 

ピアノの譜読みで何の音か考えるときは、ドレミファ…と一音ずつ数えるのではなく、一音おきに読むと速いです。高音部記号の高い音に向かう場合は線の音符をド・ミ・ソ・シ・レ・ファ・ラ・ド…と。間の音符はレ・ファ・ラ・ド・ミ・ソ・シ・レ…ですね。

 

低音部記号で低い音に向かう場合は線の音符をド・ラ・ファ・レ・シ・ソ・ミ・ド…と読むこと。間の音符だとシ・ソ・ミ・ド・ラ・ファ・レ・シ…です。

 

加線はあまり多くなりすぎると譜読みがしづらいので、そんなときはオクターブ記号が使われます🍀

 

私は小さい頃に音域が広がって自信がないと思う音符は一音おきに線の音符を読み、最後に一音上げ下げするやり方で間の音符にはたどり着くようにしていました。

 

ピアノの88鍵の音を五線と加線、オクターブ記号で表せるなんて楽譜って効率的な感じがしませんか?譜読みも効率的にやりましょう❢❢ニコニコ

 

 

当教室では生徒さんを募集をしています。
ソルフェージュを含めた
カリキュラムを組んでいます。

学校にはない脳トレーニングを
してみませんか?
職業として音楽を続けたい方の
トレーニングもいたします(^-^)

募集年齢。
3才8ヶ月くらいから大人の方まで。

ピアノ、声楽、または両方受講も可能です。

ふきだしソルフェージュを含めた基礎から丁寧にレッスンしますふきだし

 

-楽典, 譜読みのポイント
-

Copyright© くるみ音楽教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.