石神井公園・下石神井・ピアノと声楽のくるみ音楽教室です。ピアノのテクニックはもちろん、音楽の基礎能力を身につけるソルフェージュを含めたレッスンを行っております。導入期には生徒さんの年齢に応じて最も伸びやすいとされるリズム感、音感、読譜力を育成するカリキュラムを組んでいます。ソルフェージュ力をつける事で自分で楽譜を理解し譜読みができてやがて一人でピアノが弾けるようになる事を目指しています。下石神井第三保育園より徒歩1分。バス停下石神井坂下より4分。下石神井小学校から5分、ベネッセ保育園から10分以内です。

くるみ音楽教室

ピアノレッスン 大人のレッスン 表現

メヌエットってどんな感じ?

更新日:

石神井公園・下石神井

ピアノと声楽、ソルフェージュの教室

くるみ音楽教室です。

 

メヌエットとは、フランス発祥の4分の3拍子の舞曲です。だから多くの作曲家が作ったたくさんのメヌエットが存在するのですね。

 

17世紀中ごろにフランスの宮廷で舞踊音楽のひとつとして流行し、貴族の正装であったカツラを被った一組の男女が腰に刀を差しボリュームのあるドレスを着て優雅に踊りました。

 

フランス語menu(小さい)が語源と言われ、三拍子ですが、ズンチャッチャッという感じではなく小さくステップを踏む感じなんですね。また、当時の衣装からも、テンポが速すぎると踊りにくそうな感じがします。踊り自体を見てみると、2拍目と6拍目で軽く膝を曲げています。こういった動作を知ると2小節を1フレーズとして演奏しなければいけないなって思いますね。

 

だからピアノレッスンで舞曲を取り扱う場合は、その特徴を表して,踊るような気持ちで演奏してほしいなと思います。

 

例として有名な曲を一曲挙げてみます。

J.S.バッハ伝ペツォールト作曲『メヌエット ト長調』♫

 

タイトルもメヌエットとなっていますね。拍子記号は4分の3拍子です。そして┃レーソラシド┃レソソ┃と2小節が1フレーズになっています。

 

では、メヌエットの特徴のまとめです。

 

🔵メヌエットは3拍子です

🔵小さなステップで

🔵2小節を1フレーズとして

🔵優雅でゆったりと踊るように

 

 

今、大人の生徒さんがメヌエットを練習しています。バロック時代は、独立した楽曲としても舞曲がたくさん作られるようになったそうです。もともとはどんな踊りなのかを知って演奏することもまた大切なことなんじゃないかなぁと思いますニコニコ

 

 

当教室では生徒さんを募集をしています。
ソルフェージュを含めた
カリキュラムを組んでいます。

学校にはない脳トレーニングを
してみませんか?
職業として音楽を続けたい方の
トレーニングもいたします(^-^)

募集年齢。
3才8ヶ月くらいから大人の方まで。

ピアノ、声楽、または両方受講も可能です。

ふきだしソルフェージュを含めた基礎から丁寧にレッスンしますふきだし

 

-ピアノレッスン, 大人のレッスン, 表現
-

Copyright© くるみ音楽教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.