石神井公園・下石神井・ピアノと声楽のくるみ音楽教室です。ピアノのテクニックはもちろん、音楽の基礎能力を身につけるソルフェージュを含めたレッスンを行っております。導入期には生徒さんの年齢に応じて最も伸びやすいとされるリズム感、音感、読譜力を育成するカリキュラムを組んでいます。ソルフェージュ力をつける事で自分で楽譜を理解し譜読みができてやがて一人でピアノが弾けるようになる事を目指しています。下石神井第三保育園より徒歩1分。バス停下石神井坂下より4分。下石神井小学校から5分、ベネッセ保育園から10分以内です。

くるみ音楽教室

ピアノレッスン 生徒さんへ

指先がつぶれないようにそーっとタッチ

更新日:

生徒さんのお父様お母様へ

音楽教室では親御さまから質問をいただくことがあります。その中でピアノを弾く際の指のかたちについての質問は多いです。生徒さん全体で共有していただければと、改めてここに記載させていただきます。🐿

 

レッスンを始めると生徒さんにピアノを弾くときの手のフォーム、指のかたちを説明します。手本を見せて、まず視覚で捉えてもらいます。いつも手本のフォームを真似して弾ければ良いのですが、ピアノを始めたばかりの生徒さんは、ピアノを弾くための指の筋肉がついていません。そのため気を抜くと指全体を使って弾こうとします。

今すぐにできなくても、正しいフォームを身につけるためにマメに声掛けしていく必要があります。

ちいさい子にわかりやすい言葉で、まず手のひらを下にしてジャンケンのグーの形をつくってごらんと言います。指の付け根の骨が出っ張っていますよね。親指の付け根も出っ張っていることを観察します。この出っ張りを残したまま握った手を開いていきます。子供にはグーとパーの間だよというとわかりやすいようです。

次に指先がつぶれていないか見ます。指の力が弱いからつぶれてしまうんですが、正しいフォームでっとタッチして指先がつぶれないように声掛けしながら長い目で見守っていきましょう。

練習に付き添ってアドバイスをされる場合は、タッチは弱くなっても上から叩きつけずやさしい音で弾いているか見てください。指が伸びた状態で弾いたり上から叩きつけないようにしましょう。指を上に上げすぎたり丸めすぎたりして指の付け根の骨の出っ張りがなくなってはダメです🙅

軽く卵を持つかたちというのも子供にわかりやすいですね。レッスンでは指がまっすぐ伸びたり丸まりすぎていたら「たまご入ってないよ」と指摘してます。教室には良い指のかたちをイメージづけるためのイラストを置いています🦀

私も4歳でピアノを始めたばかりの頃、たまごとカニさんの説明をされました。今でも覚えているくらい繰り返し印象付けられたのだと思います。🥚🦀✊✋

今日練習している曲では全部のことができなくても、意識を継続することでやがて出来るようになります。毎日ピアノを弾く前にフォームを整えるといいと思います。鉛筆、お箸の持ち方と同様に変なクセのまま固まってしまうと後で直すのが大変💦

でもあまり指摘しすぎてお子さまがピアノを弾くときガチガチな手になってしまうと元も子もないので、お声がけしていただきながら、いつのまにか出来るようになるという気構えでいていただければいいかなと思います。

大切なことは、きれいな音を出すためのフォームということです。

いつもピアノの自宅練習においてのお声がけ、レッスンへのご協力をありがとうございます。ニコニコ

 

当教室では生徒さんを募集をしています。
ソルフェージュを含めた
カリキュラムを組んでいます。

学校にはない脳トレーニングを
してみませんか?
そして職業として音楽を続けたい方の
トレーニングもいたします(^-^)

募集年齢。
3才8ヶ月くらいから。

ピアノ、声楽、または両方受講も
可能です。

ふきだしソルフェージュを含めた基礎から
丁寧にレッスンしますふきだし

 

-ピアノレッスン, 生徒さんへ
-

Copyright© くるみ音楽教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.