石神井公園・下石神井・ピアノと声楽のくるみ音楽教室です。ピアノのテクニックはもちろん、音楽の基礎能力を身につけるソルフェージュを含めたレッスンを行っております。導入期には生徒さんの年齢に応じて最も伸びやすいとされるリズム感、音感、読譜力を育成するカリキュラムを組んでいます。ソルフェージュ力をつける事で自分で楽譜を理解し譜読みができてやがて一人でピアノが弾けるようになる事を目指しています。下石神井第三保育園より徒歩1分。バス停下石神井坂下より4分。下石神井小学校から5分、ベネッセ保育園から10分以内です。

くるみ音楽教室

テキスト紹介 ピアノレッスン 大人のレッスン

音のつぶをそろえるためには『ハノン』♬

更新日:

石神井公園・下石神井

ピアノと声楽、ソルフェージュの教室

くるみ音楽教室です。

 

『ハノン』というテキストを使用したことのある人は非常に多いと思います。私も使いましたし、レッスンでは『バーナム』の後に使っています。

 

教本のタイトルにもなっているハノンというのは1819年フランス生まれの作曲家の名前です。シャルル・ルイ・ハノン。オルガニストやピアノ教師でもあり、ローマの音楽院で名誉教授をしていた頃にハノン教本を書きました。フランス読みではアノンですね。

 

今回は教本三部構成の第一部について触れてみたいと思います。

 

教本の1番は5➡4の指の拡張が課題です。上行は左手の5➡4指の拡張。下行は右手の5➡4の拡張です。ひたすら同じ運指を繰り返すことで、指の力がつき、指が動きやすくなり、音のつぶがそろうようになります。音のつぶがそろっているのは1本1本の指をコントロールできているからです。

 

ハノンピアノ教本には変奏の例が書かれています。これを参考にして適宜2~3種類のリズム練習を取り入れていくといいと思います。

 

教室では大人の生徒さん、キッズコース中級以上の生徒さんに使用しています。譜読みが簡単だからとか、同じことの繰り返しで曲が単調だからとか理由をつけて練習を控えめにするのはもったいないです。今の課題は今しかできないつもりで。指の動きと力の加減を意識して丁寧にハノンをやっていきましょう。今すぐ有名曲の中のこのパッセージが弾けたというような達成感には結び付きにくいですが、後でテクニック的に難しい曲を弾きたくなったときに、やっておいてよかったと思えるテキストです。

 

ハノンも頑張りましょうニコニコ

 

当教室では生徒さんを募集をしています。
ソルフェージュを含めた
カリキュラムを組んでいます。

学校にはない脳トレーニングを
してみませんか?
そして職業として音楽を続けたい方の
トレーニングもいたします(^-^)

募集年齢。
3才8ヶ月くらいから。

ピアノ、声楽、または両方受講も
可能です。

ふきだしソルフェージュを含めた基礎から
丁寧にレッスンしますふきだし

 

-テキスト紹介, ピアノレッスン, 大人のレッスン
-

Copyright© くるみ音楽教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.