石神井公園 ピアノ&声楽くるみ音楽教室

絶対音感やリズム、歌のトレーニング、楽譜の読み書きなど基礎能力を身につけるソルフェージュを含めたレッスンをしています。早い時期に総合力を身に付ける事でいわば音楽の一般教養を確実なものにする事を目指しています。

ボーカル豆知識

カラオケとレコーディングの違い

レコーディング風景をテレビ等で見たことありますよね。
マイクの前に薄いフィルターがあってヘッドフォンをしていますよね。


KmfHqVJ

こんな感じで。

これどうしてこうするかと言いますと
まず、フィルターは風よけです。

マイクに息が吹きかかると「ボスッ」という音が入ってしまうんですよね。

生では聞こえないのですが録音されると入ってしまうのです。
それを事前に避けるためにこうして薄いストッキングのような生地で
風よけをしています。

次にヘッドフォンです。通常カラオケを聴きながら歌いますが
そのカラオケをスピーカーから出すとその音をマイクが拾ってしまいます。

歌声だけ録ってそれを個別に編集するのでカラオケ音が入ると編集が
事実上できなくなります。

レコーディングではコンデンサマイクと言って非常に感度の高いマイクを使います。

それに対してカラオケボックスではダイナミックマイクと言って
それ程高感度ではないマイクで一番近い音のみ、要するに歌声のみ
拾うことができます。

さすがにスピーカーの目の前ではよろしくありませんけど・・・(^_^)

レコーディングはデリケートなマイクだけど高音質で。
カラオケは音質よりもライブ的に歌えるようなマイクを使う

こういった違いである、と思っていただければと思います(^。^)

-ボーカル豆知識